<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

給付金のおすそ分け

私の手術後、3ヶ月経過を見るために病院に行ってきました。痛みやシビレは若干感じていますが、装着したボルトも定着しており、順調の様で、これで酒の量が増えるなどと、嬉しい結果でありました。

話はチョット「寄り道」しますが、
函館での定額給付金は、明日21日に振込ということでしたが、家内から「お酒」以外のものにとの注文があっての、今日の朝に現金の支給があった。

病院からの帰り道、ディスカウント店に「寄り道」したのてありました。

ドックフードのスペースを覗いて見たら、見切り品とのことで何種類ものがかなり安く売っていた。
給付金対象外の家族「かず」のことがフッと浮かんできて、「おやつ」として1960円の買い物となった。
「かず」は肥満気味を通り越して私と同じメタボリックになっているので、家内からまた「こごと」を言われるのを覚悟してのことである。

b0016017_17261217.jpg

b0016017_1727495.jpg


「かず」より
お父さんに、メタボに映らないようにと頼んでみましたが、どう見えますか?
お友達の「ハル」ちゃん、ダイエット頑張ります(お父さん次第なんですけど)
写真の左にあるイスは、お父さんがソフアに座ることができない様で、買ってきたもののようです。
[PR]
by knagai6 | 2009-05-20 17:31 | その日に想う事

おくりびと

映画「おくりびと」を実体験した。
2月8日の午前4時、親父が逝った。
まだまだ大丈夫との周りの認識だったので、突然に病院からの連絡に驚いた。
連絡を受けてから、30分もしないうちに駆け付けた。
顔に触ってみたら、まだ温かかった。
おふくろもあまり取り乱してはおらず、どっかで覚悟していた様子だった。
安らかな顔で、おふくろと一緒に顔と体をふいた。
9日の仮通夜、10日通夜、11日告別式とあわただしく進行したが、出棺の前に、「おくりびと」による
旅立ちの化粧というか、心に残る儀式を体験した。
生身(表現としてはどうかと思うが)での最後の姿であった。

翌12日は私の入院日とになっており、あわただしかったが、手術日を伸ばしてもらい、初七日の日には
外出許可を取った。
18日に手術を実施、3月18日退院となり、完治には1年も掛かるというので、現在は気をつけながらの
生活です。

おふくろが先日、映画の「おくりびと」を見たいと言い出したので、レンタルビデオを借りてきた。
場面場面は理解できたようだが、過去に戻ったり、現在のことになったりの進行には、ついていけない
様子だった。
が、私としては、鮮明な印象として、心に残るものとなった。

93才で逝ったのであるが、私がその歳になるには、あとというか、まだというか27年ある。
親爺よ、超えたいと思っているので、よろしく頼むよ、切に。
[PR]
by knagai6 | 2009-05-12 09:25 | その日に想う事

デジカメ

私の「デジカメ」は性能が良すぎて(?)ブログに載せるには、サイズを変更する作業を必要とするので、
わずらわしい。

これとは関係ないが、
最近、知り合いが亀を飼い始めた。
名前は「デジ亀」というらしい。
そんな時代なんです。
[PR]
by knagai6 | 2009-05-02 06:29 | 雑感

蛯はエビではない?

「エビに蛯という字を使うのは北海道だけです」という記事がありました。
北海道以外の地域では、地名や姓で使うだけで、生き物や食べ物としての、あのエビを
「蛯」と表す文化はないらしいのです。

「海老」「蝦」「蛯」いずれもエビですが、常用漢字の表には入ってはいない由。
町なかの看板などで、学校で習う漢字とは違う形の文字を使っているのは、それは
「間違い」ではなく、表現の豊かさであり、個性ということになるのでしょうか。

常用漢字はあくまで「目安」であって、公文書や新聞など、多くの人が迷わず読み書き
できる漢字を採用しましょう、というのが趣旨と思われる。

葬式に「個性だから」といって赤い服を着る人はいません。

漢字も、場所をわきまえて使うのが肝心なんだと、その記事は結んでいました。
ちなみに、私はエビを書くとき、「海老」「蛯」を使います。

さて、あなたは?
[PR]
by knagai6 | 2009-05-02 05:30 | よろずもがな