先生

ご無沙汰というか、お久しぶりというか。
ブロクでのお仲間というか、皆さんの色々の人生、苦しかったり楽しかったり、を拝見して自分の人生に思いを・・・・。

生まれて初めて、中学校の先生になりました。
PTAの誰かが「先生、何とかして下さいよ」と言いました。
私は「ちゃんと学校でやるべきことはやってますよ」と答えた。
誰も納得はしないだろう、と思いながら。
これは、先日札幌での2泊3日での民生委員の研修会でのヒトコマ、寸劇である。
町会長、町の住民、迷惑を受けている本人、民生委員役など6人のにわか役者になってのドラマ進行となった。セリフの設定はなく、各人のアドリブであったから、どう進行するかはわからない。とにかく、先生に対して攻撃をする、いう設定になっていた。
約6分程の先生役であったが、民生委員の苦労もさることながら、先生もまた大変なものだと感じた次第です。
 立場立場での任務を、忠実にやっていくという事なんでしょうね。
その日の懇親会で、名演技賞を貰ってしまいました。それからの研修では「先生」ではなく、「校長」と呼ばれることになっていました。

久しぶりの勉強で、緊張していましたが、帰ってからの翌日にドッと疲れが出て、歳をつくづく感じたのです。

喉の調子はいまいち、ガンではないようですが、病院を変えてみようかな、などと思っているこの頃です。

忘れられたころに、書き込み、これ、本意ではないんですがね。ではまた。
[PR]
by knagai6 | 2008-09-13 18:00 | その日に想う事
<< わすれられたころの、お目見えで... ジャッジ >>