思いもよらなかった・・・。

今年で、私の所属する町会が、設立30周年になった(前から組織はあったとのことではあるが)
色々と記念行事が企画され、その一環として、加入会員一戸あてに記念品を配布することになった。
幾つかの候補の中から、役員で検討し、「万年卓上カレンダー」に決定した。
万年とは1万年なのか10万年なのか、現物の取り扱い説明書を見たら2099年と書いてあった。役員の皆は、我々の次の世代までなので、「よし」とすることで一致した。
年月日・時計機能・温度表示・目覚まし機能・タイマー・LEDによるイルミネーションなど、値段のわりには、沢山の機能がついていた。よくよく見ると、乾電池は別売りとなっおり、単4電池3ケとのことで急遽、別に購入して添付した。
各戸あて配布が終わったが、その後のことである。
「乾電池は入れたが、ちっとも動かない」の連絡が各班の担当役員に殺到した。担当役員で対応出来ずに、そういう場合の役目なのか、総務部長の私に振られる結果となった。自分あての記念品でセット方法を理解はしていたが、まさかの数なので、せっかくの土・日であったが、対応に追われた。
確かに、セット方法の説明書は字が小さく、読みずらいものであり、1分以内にセット完了しなければならないとあり、年寄り世帯ではセット出来ないもののようであった。
乾電池を自分で購入するとしていたら、「ほったらかし」にしていたかも知れないと思うと、購入して添付したことは大正解であったが、その後のことまでは予測していなかったのである。
セットし動き出して、大方の人はそれなりに喜んでくれていたことが救いであった。
という訳で、「後々のことまでを考えないと」ということを、教訓として学んだ次第です。
そして、イルミネーションは連続点灯で使用時間は15時間程度と説明書に書いてあり、これから、壊れてしまったとの連絡がありそうな気がしてならない。どうなりますことやら。
[PR]
by knagai6 | 2010-07-04 20:27 | その日に想う事
<< 誕生日 どうしょうかと迷う >>